生活保護について

葬祭扶助(18条)
葬祭扶助は困窮の為、最低限度の生活を維持できないものに対して、左の事項の範囲内において行われる。
1、検案
2、死体の運搬
3、火葬または埋葬
4、納骨その他葬祭のために必要なもの
(2)
以下に掲げる場合に置いて、その葬祭を行う者が或る時は、その者に対して前項各号の葬祭扶助を行うことが出来る。
1、被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がいない時。
2、死者に対してその葬祭を行う扶養義務者がいない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用に満たすことができない時。

町田市では、20万円ほどの葬祭扶助があります。これは、葬祭を行った喪主様に渡されるのではなく、葬儀社町田市に請求する形で行われています。その為、葬儀を行う前に、葬儀社町田市福祉課の方との相談も必要になります。予め葬儀社生活保護をうけている旨を伝えて下さい。
町田市では、死亡した者と同居する者がいない場合、扶助費は支給されないとのことです。

2018年03月11日